ニチイの介護事務講座
介護事務講座とは

介護事務講座で学べること

介護報酬請求事務の即戦力として活躍できる講座です

介護事務講座は、介護事業所で重要な会計事務を行うための、知識と技能を持った「ケアクラーク」を目指す講座です。

介護事業所には、「介護報酬請求業務(レセプト作成)」という、介護事業の運営に欠かせない業務があり、専門的な知識を持つ人材が求められています。本講座では、実際の現場で求められる介護保険制度や介護報酬、福祉制度の体系などの知識とスキルを習得し、即戦力として活躍できる人材を目指します。介護事務技能修得の証であるケアクラークは、全国で通用する資格なので、あなたのキャリアアップにもつながります。

講座修了後に受験して取得する資格

ケアクラーク®(介護事務)

  • 講座修了後、受験が必要

資格取得のメリット

ケアクラーク資格は、介護事務の技能修得を証明し、即戦力として活躍できる証となるので、就業が有利になります。また、介護事業者の多くが専門的な人材を求めているので、条件のいい就職先を選ぶこともできます。介護事務の仕事を安定的に長く続けたいという方は、ぜひとも取得しておきたい資格です。

学習・資格取得した場合 学習・資格取得していない場合
就業するとき 介護事務の知識・スキルを持っていることの証明になるので、就業にとても有利です。ニチイなら受講生の就業サポートも万全です。 即戦力を希望する介護事業所では、希望する条件への就職がかなわないことがあります。
就業してから 介護事務のスペシャリストとして、周囲からの信頼を得やすくなります。また、ニチイなら就業後のサポートも充実しているので、安心して働けます。 働きながら知識を学ばなければならないため、最初のうちは戸惑ってしまいます。
転職・休職 知識、スキルが証明できるので、転職先を見つけやすく、条件がいい職場への就職も可能です。 転居や出産によるブランクなどがあった場合、知識・スキルを証明することができず、再就職が難航する場合があります。

ケアクラークの仕事内容

重要な請求事務を任されるだけでなく、事業所の「顔」としての活躍が期待されています

ケアクラークの主なお仕事は、介護事業経営で重要な介護報酬請求業務です。

また、電話応対やお客様とのコミュニケーションなど、介護事業所の顔としても期待されています。

具体的な活躍場所の例

  • 介護付有料老人ホーム

    お仕事の中心は介護保険事務(レセプト)処理ですが、ご入居者のお支払いの対応や経理事務など、事務全体を任されることがあります。

  • グループホーム

    認知症の方などが多いグループホームでは、介護事務のほかにご入居者のご家族の対応なども求められます。

  • デイサービス

    日帰りで通って介護や機能訓練などを受けるデイサービスでは、介護事務のほかにお客様とのコミュニケーションも求められます。

  • 訪問介護事業所

    在宅介護サービスを提供する訪問介護事業所では、ケアマネジャーのサポートや、介護スタッフとの連携も求められます。

介護給付費が拡大を続ける一方、事務処理をするケアクラークの数は不足しています

介護給付費は毎年のように増加を続けていて、将来的には20兆円を超えるといわれています。この膨大な介護給付費の事務処理を行うのが、ケアクラークの重要なお仕事です。今後も介護サービスの利用者は増えると見込まれているため、ケアクラークを求める事業所はますます増えそうです。

本講座に興味がある方はこちらから
お電話のお問い合わせはこちら
0120555212
PAGE TOP